岐阜県、愛知県で産業廃棄物許可なら行政書士にひら法務事務所にお任せください!

産業廃棄物中間処理業許可

■産業廃棄物中間処理業許可

 

産業廃棄物の中間処理は、その産業廃棄物の種類や性状に応じて様々な方法により最終処分量を減らしたりすることにあります。
中間処理には、焼却・破砕・圧縮・脱水・選別・分離などその他様々な方法がります。以下簡略説明します。

 

焼却
有害物質の無害化を行い、体積を減らすことができます。その他産業廃棄物の腐敗を防止したり、殺菌により無害化もできます。

 

破砕
細かくすることにより、運搬しやすくしたり、最終処分時の取扱いを楽にしたりできます。コンクリートやアスファルトは破砕することで再利用も可能で再生材として多く利用されています。

 

脱水
汚泥は大量に水分を含んでいるため乾燥させることにより容量などを減らすことができます。より多く水分を減らすことにより埋立地などに利用したりすることもできます。

 

→産業廃棄物中間処理業許可申請に必要な書類

事務所概要


ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP ご依頼の流れ 建設業 産業廃物処理業 料金表